INTERVIEW

Y.Hイメージ シニアマネージャー Y.H

社員たちの“殻を破る手助け”になる会社を目指して

私は学生時代からIT業界に興味があり、2007年の転職を機にこの業界に入りました。

外資系ストレージベンダーへの常駐が決まった際、自社の先輩社員だった田代社長と出会いました。田代社長は“自分”というものをしっかり持っているタイプで、私は控えめな性格。そのデコボコ感がちょうど良かったのか、次第に親しくなり、私もマインリードの創立メンバーとなりました。

現在、私は大手人材サービス企業に常駐し、OS・MW・ストレージのEOSLに伴う大規模更改プロジェクトに参画しています。ミスなく作業を終えられた時には達成感がありますし、“ありがとう”と言われたり、お客様の嬉しそうな顔を見るとやりがいを感じます。

シニアマネージャーの仕事の一つとして、営業活動も行っています。私は口下手であがり症なところがあるため、営業には全く向いていないと思っていました。しかし、“会社のためになりたい”という想いから、その壁を乗り越えて営業的な動きもできるようになりました。

Y.Hイメージ

マインリードは、自分で道を切り拓ける人にとっては、働きがいのある会社だと思います。小さな会社なので、無理難題を課されることも少なくはありません。しかしそれは、何事にもチャレンジできる環境であるとも言えるはずです。

社員は個性的なメンバーが多く、田代社長は群を抜いた積極性と行動力の持ち主です。厳しくも愛情をもって社員に接してくれています。

ITに関する知識や技術も大切ではありますが、現在のマインリードは、人間味を重視して採用を行う段階に入ったと考えています。実際、IT業界未経験の社員もバリバリ活躍しています。

私自身もそうだったように、今までの自分になかった一面を見つけたり、自分自身の殻を破る手助けができる会社でありたいと思っています。

※インタビュー内の情報は取材時点のものです。